2005年12月12日

歯磨き

 禁煙日記にも書いたが、食後の歯磨きが効果絶大である。
 喫煙者は誰でも、食後の一服がたまらなく美味いと感じる。特にこってりしたものを
 食べた後の、一服はたまらなく美味いっ。
 で、私は考えた。何故、食後の一服を欲するのか。
 やはり、それは条件反射である。最高に美味いものを食った後に、あんな煙を吸って
美味いと感じる感覚は、冷静に考えるとキチガイみたいなものだ。常識的に考えるなら
美味い訳がない。折角の、美味い飯を台無しにしている・・・と非喫煙者は思うかもしれ
ない。

 ならば、その条件反射を押さえ込めばいいじゃない。

 食後の口内って何となくねばっとしたような、唾液に味があるような、若干の口臭を
感じるような・・・少なくとも、何も食べていない時とはちょっと違う感覚がある。

 「それを食後すぐに取り除いてみたらどうだろう?」そう考えた私は、食後の歯磨き
を開始した。すると、これが気持ちいい。タバコを我慢する感覚はなく、気持ちよさが
勝っている。あのスースーする感覚は、今では私の食後の楽しみに定着している。

 これ、自分なりに考えた禁煙法だがかなり効果的だと思える。
posted by teppin at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10570574
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。