2005年12月13日

ニコレット

 禁煙してても吸いたいぞ〜♪のCMでお馴染みのニコレット。 
 皆さんご存知だと思うが、ガムを噛むことで、ニコチンを口の粘膜から
 吸収し、禁断症状を和らげようというもの。実際には、普通のガムと違い
 「噛む」というよりは、「貼る」に近い。何回か噛んだガムを口腔内の
 どこかに貼り付けてしばらくすると、いがらっぽい感覚があって、じわ〜っと
 ニコチンを吸収している感覚が。
  とにかく、私にとってはとっても効果的なアイテムだった。「禁煙セラピー」には
こういった補助的アイテムを使わないよう書いてある(どうやらニコチンガム中毒に
なった人がいるとかいないとか・・・)が、「タバコをやめる」という目標の為ならば、
自分に合ったやり方に修正してもなんら問題ないと思う。

 まず、ニコレットでタバコを我慢できることが分かってくると、「あれっ?俺って、
我慢できてんじゃん」と思えるようになる。こうなると自信がついてきて「禁煙って
思ってたほど辛くない」と感じ始める。

 肉体的な離脱症状を和らげる効果より、精神的に「タバコなしでもやっていける」
と思えるようになることのほうが、私にとっては効果大だったようにも思える。

 しばらくの間は、飲み会でもニコレットを噛んでたし、困った時のニコレット頼み
状態だった。使用書には段階的に個数を減らして数ヶ月間服用するように書いてある
が、私の場合は、上記のような安心感からか10日程度しか使用しなかった。

 残りは「お守り」として自宅と職場に持っている。
posted by teppin at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。