2006年01月22日

金持ち父さん 貧乏父さん

 <2005年8月31日投稿>

 先日、オーディオブックで Rich dad, Poor dadを聴いていると紹介したが、一通り聞き終えることができた。ここでは、内容については本ブログとの関係が薄い?(アフィリエイトという観点では無縁ではないが・・・)ので、ノーコメント。

 オーディオブックを聴いてみた感想を。

 なかなか難しいが、同じ部分を何度か聞き込むと、不思議と内容が理解できるようになる。何度目かで聞き取れたり、前後の話が矛盾なく繋がった時の快感は是非とも味わって欲しい。こういった「喜び」が英語学習には欠かせないんだと思う。「喜び」は継続する励みになり、「継続」は「力」になる。

 しかし、何度聴いても分からない部分だってある。と言うより、そんな部分のほうが多いくらい。やはり、スクリプトを用意して聞き込むほうが学習効果は高いようだ。ヒアリングマラソンでは、スクリプトを見ずに内容を理解しようとすることを「多聴」と言い、逆にスクリプトを使用して、細部まで理解しようとすることを「清聴」と言っているが、オーディオブックを聞く行為は「多聴」に近い。(ヒアリングマラソンでは、スクリプトを確認できないソースを聴くことは、ノルマの達成に含まない、としている)

 そこで、スクリプトで細部を確認できれば、「清聴」も行えるということ。

 今やネット上には英語のリスニングソースが無数に存在する時代になったが、スクリプトを確認できるソースは未だに少ないのではないだろうか。その点で、もともと書籍を朗読してあるオーディオブックの場合、原書を購入すればいい訳で、比較的簡単に音声とスクリプトの両方をそろえることが出来る。

 これは英語学習者にとって非常に魅力的ではないだろうか。

 また、ニュースなどを学習の素材にするのも効果的だとは思うが、全く興味のない内容を無理して聴くよりも、ストーリー性のあるものを楽しく聴いたほうが、効率はいいはずだ。
 
posted by teppin at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。