2006年01月22日

Etymotic Research ER-6i

 <2005年12月15日投稿>

 先日、Etymotic Research ER-6iを購入し、愛用してきたが、しばらく使ってみた感想を述べてみる。

 まず、音質は相変わらず素晴らしく、最近は語学学習だけでなく音楽も少しは聴くようになった私にとって、手放せないアイテムになりつつある。低音がイマイチと言われるが、ややその傾向があるものの、慣れてくるとすっきりとした高音域が心地よく、低音域の不足は全く気にならない。

 さて、良い事ばかりでもないのでウィークポイントにも触れてみよう。

 まず、コードが長い!長過ぎる!「長は短を兼ねる」という発想なのかは不明だが、長すぎて取り扱いに気を使う。決して安い買い物ではないので、できるだけコードにストレスをかけないようにしようとするから尚更だ。本体を操作する度に、長いコードが邪魔になる。ただ、これはsmartwrapなどで解消できるため大きな弱点ではないのかもしれない。

 次は、耳栓について。購入時、白いフランジ状の耳栓が装着されているが、これとは別にスポンジパットが付属する。当初は、標準で装着されていたゴムの耳栓を使用していたが、これだと耳が痛くなるので、スポンジパットに取り替えてみた。これが、装着感も素晴らしく、遮音性も損なわないのでベスト!と思い数ヶ月使ってみたが、最近感じるのは遮音性の低下。スポンジのへたりが原因と思われる。見た目も黒くなっていて汚らしい。別に耳の掃除を怠っているわけではないので、念のため。

 ちなみに3ペア1,500円で販売されているので、そもそも消耗品として考えるべきだが、たかがイヤホンなのにランニングコストが発生するってところに、男は惹かれるものなのか?

 とは言え、この音質と遮音性は一度味わうと手放せない。
posted by teppin at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod shuffle

 <2005年12月14日投稿>

 先日、友人の結婚式に参加し、その2次会のゲームでiPod shuffleをいただいた。
 これは嬉しい。iPod 20Gは依然として大活躍しているが、そのサイズが時として邪魔になることもあった。

 もちろん、未だに20Gの容量には魅力を感じているし、最初の一台としてはやはりそれなりの容量があったほうが良いと思う。しかし、サブとして購入するならばnanoよりもiPod shuffleが良いかも知れない。そのシンプル過ぎるくらいのつくりも魅力的。どこかにぶつけようが、傷が付こうが気にしない。そもそも素材がプラスチックなので、iPodほど傷や指紋が気にならない。

 また、語学学習に使うのであれば1Gの容量は充分といえる。そもそも語学学習の場合は音質にこだわる必要がないので、データサイズがそれほど大きくならない。しかも、あれやこれやとトラックを選択することもあまりない。ならば液晶画面がなくてもそれほど不便だとは思わない。

 偶然手にしたiPod shuffleだが、これがなかなかのお気に入りになった。

 100円ライターぐらいの大きさが、最高の魅力だ。
posted by teppin at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod Headphone

 <2005年10月25日投稿>

 相変わらず英語学習の欠かせないツールとして、と言うよりも学習のメインとして大活躍しているiPodだが、ひとつだけ気になる点があった。

 それは純正のイヤフォン。

 個人差もあると思うが、私の場合、耳にはまった感覚が全くなく、ただ「乗っかっている」という感じだった。その為、電車通勤をしているとホームに入ってきた電車の音や車内アナウンスで、何も聞こえない…ということが頻繁にあった。

 通常でもボリュームを相当大きくして使っていたので、耳にも負担がかかっているように感じていた。

 そこで、イヤフォンの購入を決意した。

 価格もそこそこで、遮音性に優れていて色は白がいい。

 手に入れたのはEtymotic Research ER-6iという物。

 これが驚くほどに遮音性が高い!遮音性が優れているとは聞いていたが、ここまで優れているとは正直思わなかった。装着すると、何にも聞こえない。それ故、iPodのボリュームは以前の半分で十分聞き取れるようになった。電車の中でも、高校生の元気ハツラツな会話さえ完全に遮るため、ヒアリングにはとことん集中できる。

 音質についても、かなり評価は高い。実際、純正の物よりも随分音がクリアになったと思う。しかしながら、私はほとんど音楽を聴かないので、音質のメリットはあまり享受していないと思う。

 ただ、ヒアリングでも今まで聞こえなかった音が聞こえて楽しい。例えば、インタビューを聞いていると、その後ろでウィンドウズの警告音が鳴っているのに気付いたり、時には原稿をめくっている?ような音が聞こえてきたり。

 満足度120%の買い物だった。

 Etymotic Research ER-6i
posted by teppin at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Audible

 <2005年10月25日投稿>

 オーディオブックは現在、2作品を聴いている。最初のRich Dad, Poor DadSky is fallingに続き、現在聴いているのは、John Grisham の Time to killAnn Brashares の Sisterhood of the traveling pantsの2作品。

 今までは、i-tune music store で購入していたが、単価が高いことがネックだった。

 ネットで色々調べてみたところ、audible というサイトが人気のようで、早速レギュラー会員になってみた。レギュラー会員は月々$14.95を支払うことで、好きなオーディオブックを1作品ダウンロードできる。もちろん、個別の会計を行えば、好きなオーディオブックを購入することができる。

 私は、それぞれのペーパーバックを購入し、オーディオブックを聴きながらペーパーバックを読んでみたり、先にペーパーバックを読んでから、オーディオブックで改めて聴いたりと試行錯誤しながら楽しんでいる。

 いつか、ペーパーバックなしでオーディオブックを「ながら族」で楽しめるようになりたい。今はまだまだ「必死」で聴いている…。
posted by teppin at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒアリングに大活躍!

 <2005年8月25日投稿>

 ヒアリング用にiPodを買った。インプレッションを書いてみる。

 本当に買って良かった!と思える。実に使い勝手が良い。CDの取り込み速度、PCからの転送速度など全くストレスなく、まさに『サクサク』と言ったところ。クリックホイールの操作感も秀逸。聴きたいトラックに素早く移動できる。

 手持ちのCDを50枚程度入れてみたが、どのCDも確実にタイトルをオンラインチェックする為、手入力などする必要が全くない。もちろん、ヒアリングマラソン
のCDも付属のEnglish JournalのCDも完璧に認識する。これはすごい。以前、Sonic Stageを使っていたが、データベースが充実しておらず、洋楽CDはヒットしないことが頻繁にあった。しかし、i-tuneのデータベースは非常に充実しており、その点も便利。

 バッテリーの持ちがいまいちだと、色々なサイトで紹介されてはいるものの、毎日充電する必要もなく、全く問題にはならない。(確かに、15時間?は言い過ぎな気がするが・・・)

 付属のイヤフォンは密閉型ではないため、周囲の雑音がびんびん聞こえ、駅のプラットフォームなどでは、本体の音量をかなり上げる必要がある。しかし、代用可能なので、これも問題にはならない。

 本体は非常に傷つきやすい為、専用ケースに入れるなどして大切に使いたい。

 ヒアリングに使用する観点から見ると、あらゆるソースを大量に持ち歩けるというメリットは大きいと思う。私は、ヒアリングマラソン
English JournalDuo、オーディオブック、Podキャスティング
などを入れており、どこでも思いついたらすぐに英語を聞ける環境に大満足している。この点では、MDやCDの場合、たくさんのディスクを持ち歩く必要があり、サラリーマンにとっては現実的ではないので、iPodを含むHDDポータブルプレーヤーに勝るものはないと思う。

 英語学習にお勧め!iPod
posted by teppin at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。